英語 まとめ②

31 分詞

 

分詞が1語なら名詞の前に分詞を置く。

lool at the sleeping baby.

分詞が他の語句と一緒なら名詞の後ろに。

look at the baby sleeping in the bed.

 

34  分詞構文のいろいろな形

having eaten a lot in this morning, she skipped.

分詞構文での過去完了形

 

否定は

not having eaten beakfast, she was hungry.

 

メインの文と分けるために接続詞を使うことも

while walking along the beach, I found a beautiful shell.

 

独立分詞構文

https://eigo-box.jp/grammar/participial-construction-3/

 

付帯状況 

She wanted the convert with her eyes shining.

with 名詞 分詞 (ed ing)

 

慣用的表現

talking of ~ 「~と言えば」

concerning ~ 「~に関して」

according to ~ 「~によれば」

considering ~ 「~のわりには」

supposing ~ 「~と仮定すれば」

strictly speaking 「厳密に言えば」

frankly speaking 「率直に言えば」

judging from ~ 「~から判断すれば」

generally speaking 「一般的に言えば」

 

36

仮定法過去

if 主語 動詞の過去, 主語 would could might 動詞の原形

if i were helthy, i could go on a trip.

※if につかうbe 動詞は were 

 

仮定法では、現在のことであるが、現実と離れているため過去の用法となる。

現在の事実に反することを仮定・想像・願望するもので、動詞は過去形(be動詞はすべてwere)を用います。

(1)
現在の事実に反対の仮定・想像を表す場合
基本形: 「If + 主語 + 動詞の過去形・・・, 主語 + would(should、could、mightなど)+ 動詞の原形」
If I were not sick, I would make a trip round the world.
(=As I am sick, I will not make a trip round the world.)
 (もし病気でなかったら、私は世界一周旅行をするんだが)
He would tell me if he knew, but he does not know anything about it
 (彼は知っていたら教えてくれるのだが、そのことについては何も知らないのだ)

 

(2)
現在実現不可能な、または困難な願望を表す場合
‘I wish’ ‘If only’ などのあとでよく用いられ、従節の(助)動詞は過去形をとります。
I wish the rain would stop for a moment.
 (ちょっとでいいから、雨がやんでくれればいいんだけれど)
If only he would be more careful! (彼がもっと慎重だったらなあ)

 

(3)
将来に対する期待・要望を表す場合
‘It is time’ のあとで「もう~してもよい時だ」(実際にはしていないが)の意味を表します。
It is time we were off. (もう出かけてもよい時間だよ)
It is time he came to pick me up for dinner.
 (もう彼が夕食に私を迎えに来てもよい頃だ)

 

37 仮定法過去完了

36は、現実的でなく、ズレがあるため過去形になっている。

では、過去の事を言う場合は 仮定法過去完了を使う。

現実は、 I didn't know her telephone number, so i could not call her.

→仮定法では、If i had known her telephone number, I could have called her.

 

上は、過去に過去のことを考えている。

下は、現在に過去のことを考えている。

I met you then, my life is not boring.

→仮定法では、If i hadn't met you then, my life would be boring.

 

38 未来に向かう仮定法

If 主語 were to 動詞の原形

If it were to invent a time machine, I would go to the future.

もし、発明できれば、未来へ行きます。

 

仮定法の慣用的表現

https://www.enavi.info/gra/gra-katei-5.html

 

 

39 原級を使った表現

twice 2倍 three time と3倍以降は、time を使用する。

half は半分

 

40 比較級を使った表現

ずっと、とてもは、much far even still

 

41 最上級を使った表現

the bigest of/ in

ofは、複数の表現を示す of five of all 

inは、場所や範囲 in japan in my family 

 

ダントツ much /by far / the vest 最上級

 

no other   as  as  ほどーなものはない

no other   er             よりーなものはない

er any other       他のどのーよりーである

 

44 関係代名詞

that は所有格では使えない

 

that は 先行詞が人+人以外の場合とall every no the only the some などの場合に好まれる。

 

47 

完全な文では、this is the city where i lived ←自動詞なので、目的語が必要ない

不完全な文では、this is the city which i visited ←他動詞なので、目的語が必要となる。そのため、which で補う。

 

48 カンマ付きの関係代名詞・関係副詞

i have a car which was mede in  italy. カンマつかない→もしかしたら他の車も持っているかもしれない。(日本製など)

i have a car, which was made in italy.カンマがつく、1台だけもっている。

 

また、地名など一つしかないものが先行詞の場合も

I stayed in London, Where i first met mari.と必要である。

 

※関係副詞は、where と when のみである。 howやwhyは使えない。

 

51 whenやifなどが作る「時」「条件」などを表す表現のなかでは、現在形になる。

we will go on a picnic if it is sunny.